上達法

アドセンスを使う場合、このエリアにコードを貼り付けます。(横幅160px以下)

文章を入れます。
文章を入れます。
文章を入れます。

最新情報

  • 9/3・・・「徒然日記」を更新しました!
  • 9/2・・・「お問い合わせ」のページを追加しました!
  • 9/1・・・サイトをリニューアルしました!

当サイトの更新情報をRSSで配信しています。

見出しタグ<h2>です。

<pre>タグを使った文章記述も可能です。
<pre>タグの設定は、main.cssの中で設定しています。


<pre>タグを使うと、メールマガジンなどの文章をそのまま
貼り付け可能です。
<p>タグと<br />タグを組み合わせて文章を記述するか、
<pre>タグで文章を記述するか、
ご自分のスタイルに合った方式をお選び下さい。

●デメリット

  • 一行の文章が長すぎるとレイアウトからはみ出るため、ソース上で文章を改行する
  • 「タブ」はスペースと認識されるので、<pre>タグ内の文章には余計な空白を空けない
  • 文字サイズを変更するとレイアウトからはみ出るため、文字サイズを固定する必要がある

見出しタグ<h3>です。

写真 画像を左、文章を右に持ってくる場合は、
画像タグに「class=”left”」と追加します。


写真 画像を左、文章を右に持ってくる場合は、
画像タグに「class=”left”」と追加します。

ここに文章が入ります。ここに文章が入ります。ここに文章が入ります。ここに文章が入ります。 ここに文章が入ります。ここに文章が入ります。ここに文章が入ります。ここに文章が入ります。 ここに文章が入ります。ここに文章が入ります。ここに文章が入ります。ここに文章が入ります。 ここに文章が入ります。ここに文章が入ります。ここに文章が入ります。ここに文章が入ります。 ここに文章が入ります。ここに文章が入ります。ここに文章が入ります。ここに文章が入ります。 ここに文章が入ります。ここに文章が入ります。ここに文章が入ります。ここに文章が入ります。 ここに文章が入ります。ここに文章が入ります。ここに文章が入ります。ここに文章が入ります。 ここに文章が入ります。ここに文章が入ります。ここに文章が入ります。ここに文章が入ります。 ここに文章が入ります。ここに文章が入ります。ここに文章が入ります。ここに文章が入ります。 ここに文章が入ります。ここに文章が入ります。ここに文章が入ります。ここに文章が入ります。

画像ももちろん貼り付け可能です。

XHTMLの注意点の画像

文字の装飾も簡単です。

  • <span class=”black”>で囲むと、文字色を黒く変更することができます。
  • <span class=”red”>で囲むと、文字色を赤く変更することができます。
  • <span class=”blue”>で囲むと、文字色を青く変更することができます。
  • <span class=”green”>で囲むと、文字色を緑に変更することができます。
  • <span class=”yellow”>で囲むと、文字色を黄色く変更することができます。
  • <span class=”navy”>で囲むと、文字色を紺色に変更することができます。
  • <span class=”gray”>で囲むと、文字色を灰色に変更することができます。
  • <span class=”orange”>で囲むと、文字色をオレンジに変更することができます。
  • <span class=”pink”>で囲むと、文字色をピンクに変更することができます。
  • <span class=”purple”>で囲むと、文字色を紫に変更することができます。
  • <span class=”olive”>で囲むと、文字色を黄土色に変更することができます。
  • <span class=”lime”>で囲むと、文字色を黄緑に変更することができます。
  • <span class=”aqua”>で囲むと、文字色を水色に変更することができます。
  • <span class=”b”>で囲むと、文字を太字にすることができます。
  • <span class=”big”>で囲むと、文字を「1,2倍」の大きさにすることができます。
  • <span class=”big2”>で囲むと、文字を「1,5倍」の大きさにすることができます。
  • <span class=”big3”>で囲むと、文字を「1,8倍」の大きさにすることができます。
  • <span class=”small”>で囲むと、文字を「0.8倍」の大きさにすることができます。
  • <span class=”f12pt”>で囲むと、フォントサイズを「12pt」にすることができます。
  • <span class=”f12em”>で囲むと、フォントサイズを「1.2em」にすることができます。
  • <span class=”underline”>で囲むと、文字に下線を引くことができます。
  • <span class=”del”>で囲むと、文字に取り消し線を引くことができます。
  • <span class=”box-yellow”>で囲むと、文字に黄色いボックスを引くことができます。
  • <span class=”box-aqua”>で囲むと、文字に水色のボックスを引くことができます。
  • <span class=”box-gray”>で囲むと、文字に水色のボックスを引くことができます。